Home > 未分類 > 高知県立牧野植物園

高知県立牧野植物園

こんにちは、皆様
すっかりご無沙汰してしまいました。

お休みをいただきありがとうございました。
皆様はどう過ごされましたか?


今の季節、
新緑の生命力というか、全てが生き生きとしてパワーを感じます
つくづく四季があるってすばらしいですね。

私は念願の高知県立牧野植物園に行ってきました。

夜行バスでいざ高知へ、10時間後翌朝の8時30分に無事高知駅に着き
そのままバスを乗り換え目的地に。

植物学者  牧野富太郎博士(1862~1957)

土佐の豊かな自然に育まれ幼少から植物に興味を持ち、
独学で植物学の研究を続け日本分類学の基礎を築いた一人。


「植物園を造るなら五台山がええ」
90歳を超えた牧野博士のこの一言で造られたそうです。
約3000種の植物が楽しめ、博士の業績や魅力を紹介する展示室も有ります。

正面入口
その他 007

入り口は、牧野博士を生んだ豊かな土佐の自然が再現されていました。
その他 009

山地から海岸までの環境を4つのゾーンに分け紹介しています。
その他 075

その他 074

その他 070

その他 019

その他 020

季節の花の見所はいっぱいありました。
ヒトツバタゴ(別名ナンジャモンジャの木)
その他 050

その他 043

高知平野や四国山地が絶景です。
その他 033

お天気に恵まれたのですが、あまりにも暑い時は遍路道に入り込み
休ませてもらいました。
その他 017

その他 056


エキゾチックな南国の花
トビカズラ
その他 039

その他 063


今回の旅で、7月に個展のお願いをしてある
にしおゆきさんとお会いすることができました。

にしおさんも高知県出身
個展続きでお疲れのところを時間を作っていただき
ゆっくりお話を聞くことができました
この場をお借りして、
お礼を伝えさせていただきます、本当にありがとうございました。

個展の詳細は後日詳しくお知らせいたします
もうしばらくお待ち下さい。
その他 4200


Home > 未分類 > 高知県立牧野植物園

Page Top