Home > 未分類 > ツワブキとヤツデ

ツワブキとヤツデ

ツワブキ
キク科の常緑多年草

多数の頭花を散房状につけます。

残念ながら、お花の写真はありませんが
犬の散歩中に綿毛が飛んで増えて困っているとおじさんが清掃していたので
きれいな部分を貰ってきました。
うれしい。
その他 011
(焦がし絵ieさんの花器)



タンポポよりは小ぶりで紅茶染めでもしたように茶系の綿毛です。
その他 014

お花は初冬の花の無い枯れ切った中、ひときわ明るい黄色い花を咲き続けてくれています
丁度、七宝焼きの花器にツワブキの花がモチーフになっていました
このお花です、きっと一度は目にしたことが有ると思いますよ。 
その他 001

庭で育てている葉は斑入りのものです。
その他 002

その他 005



ヤツデ
ウコギ科の常緑低木

ヤツデも同様に多数の頭花を散房状につけます。

特徴ある葉の写真はありませんが皆さんご存知ですよね。
八手の名前ですが大きな葉は奇数に裂けており、8つに裂けることは無いそうです
日当たりの悪いなかにもよく自生し丈夫なので庭木としてもよく植えられています
人間で言えば身体は大きいのに引っ込みじあんの子供ように
公園の隅っこで独特な大きな葉をユサユサ茂らしているようです。
その他 052

これまた球状の散形花序がユーモアたっぷりに咲きます
冬の寒い時期なので足を止めて見てもらう機会に恵まれていないのが残念です。

この写真は実です。
1F,フラワーノリタケで入荷しています。
その他 054

果実は黒く熟す。
その他 057

厚みもあるので大変ですが、押し花にしても面白いですよ。
その他 1203

その他 1218

その他 1213

Home > 未分類 > ツワブキとヤツデ

Page Top