Home > 未分類 > つくりら

つくりら

第12回
アップされました。



今回で最終回です。

読者のみなさま、一年間ありがとうございました。
つくりらさんからお話を頂いた時はできるのか?私と。
大袈裟かもしれませんが未知の世界に飛び込みつき進んでいったことが
つい先日にように思い出されます。それが一年前だなんて…。信じられません。
このような大きな舞台で発表する事に緊張し、更に文章を書くという難問。
夏休みの宿題なら必ず作文と読書感想文が後回しにしていたこの私が
「花とアンティーク」を一年続けられたのはやはり長年愛してやまない古い物たちと
潤二さんの確かな目で仕入れられた新鮮な花を一緒にスタイリングして
ご紹介するというテーマだったからだと思います。
古いものの良さは一言では言い表すことは難しいですが
人の手で作られていることも一つだと思います。
そして中には時代も国もわからないけれどなぜか心惹かれるものたちまであります。
そんな幅広い?底なしの魅力がある物たちを
手にとっていただきこれを機会に古い器やガラス、
籠にお花を飾ってみよう思っていただけましたら嬉しいです。
特別な日ではなく、毎日の暮らしの中で使われてきた物たちです。
美しくないわけがありません。
そんな美しいものと花が結びつき毎月紹介させたいただきました。
皆様もどうぞこれからも暮らしの中で花を大いに楽しんでください。
一年ありがとうございました。

th_IMG_05172.jpg




「つくりら」は東京・神保町の出版社、日本文芸社さんが運営されているサイト。
手工芸を中心に美しいことやものを紹介するwebメディアです。



「つくりら」のサイト

「暮らしのエッセイ」

th_IMG_0609.jpg




手作り大好きな人はもちろん全国のお店のイベント情報なども
紹介されていますので楽しんでいただけると思います!
是非ご覧ください。

Home > 未分類 > つくりら

Page Top