Home > 未分類 > kikusa展

kikusa展

皆様こんにちは。

寒い日が続きましたね。
お変わりございませんか?

花屋を覗くと桃の花が並んでいました。
いよいよ春の始まりです...。


3月の展示のお知らせです。




KiKusa
L'Art de Botanique

「 水脈のように - 誕生の花環 - 展 」

2018年3月10日(土)~18日(日)
会期中無休
作家在廊日 10日(土)、11日(日)、18日(日)


大地の下の水脈のように。
目には見えなくても、確かに感じる大きなうねり。
幾十億年と続いてきた「いのち」の水脈。
深淵に根っこを伸ばし、湧き起こる誕生の力。
いのちは水から生まれ、萌芽に微笑む。

はっきりとは分からない。でもみんなが持っている。
小さな一本の草花にも、同じ力が流れている。
生まれてきたことを祝い、愛する人を祝う。
野の草花で綴る、誕生の花環。

さまざまな草花でつくる花環(リース)や植物オブジェ、
押野花、早春の野山の鉢植え、植物写真カードなどが並ぶ。

KiKusa-水脈のように展DM-表2



植物づくりもお楽しみください。

<季節の植物づくり~三月>
植物をしる、植物にふれる、植物をつくる


・3月10日(土) 午前の部 10時30分~
・3月11日(日) 午後の部 14時~
「 縁(えん)の紫陽花リースづくり 」

同じ時代に生を受け出会う人と人は巡り合わせの縁がある。
自然や人とのご縁を感謝の形でリースをつくる。
万物の五元素を色彩で表わした五色(ごしき)。
この5つの色の紫陽花と山の花実でつくるリース。
五色には、ご縁を繋ぐ、願いが叶うという意味がある。



参考写真
KiKusa-縁の紫陽花リース







・3月10日(土) 午後の部 14時~
・3月11日(日) 午前の部 10時30分~
「 誕生の花環-野の草花づくり 」

野の草花を丁寧に環に留めて、いのちを綴る花環づくり。
茅萱、蓼(タデ)、母子草、這小糠草、小金狗尾、高野箒など。
小さな草花に祝福され、小さな草花で祝福したい。
自然への感謝の花環をつくる。
リースとして壁に飾っても、置いて飾るオブジェとしても。



参考写真
KiKusa-誕生の花環-野の草花



いずれも予約制になります。
※ご予約後のキャンセルにつきましてはお断り致しますので、
ご予定のご確認をお願い致します。

workshopの時間は2時間半~3時間くらいの予定です。
お時間の余裕を持ってのご参加をお願いします。

季節の植物つくりのご予約、お問い合せ(KiKusa)
メール kikusa@mctv.ne.jp
電話 0598-67-0524

------

KiKusa 略歴

2007年 植物の自然な姿を求め、野山の鉢植え・植物写真作品の制作を始める
2008年 「KiKusa」設立、大阪で店舗を構える
2013年 三重・松阪に移り、野山の植物を象る創作を進める
2017年 松阪の自宅アトリエにて、植物を学ぶ場「木と草の学舎」を始める

堀之内 信哉 Shinya Horinouchi
KiKusa主宰、アートディレクションと植物制作
絵のような植物写真と質感を大切にしたグラフィックデザイン

堀之内 彩 Aya Horinouchi
人と植物に向き合い感性でつくる植物制作

http://kikusanote.exblog.jp








今展は、春の季節に「誕生」をテーマに作品をつくりました。
当たり前に来てくれる春に感動すると同時に、
春を迎えることには限りがあるという思いが重なってきます。
といえども、新芽が膨らみ葉を広げ花が咲く誕生の素晴らしさは祝福するもの。
誰もが生れてきたことを祝福されないといけない。
死んでしまう人も、悲しむより祝福してあげたい。
生まれてきたこと自体が奇跡なのだから。長さではないのだから。
そんな思いで「誕生の花環」をつくりました。
野の草花のひとつひとつから、感じ取ってもらえればと思います。
いろいろな種類の草花の花環が並びます。

KiKusa - 堀之内信哉



kikusaさんからいただいたメッセージをそのまま記載させていただきました。



皆様のご来店を心よりお待ちしています。


Home > 未分類 > kikusa展

Page Top